内田康夫 新刊情報は2017年以降更新されず、「孤道」が遺作となってしまった。

  • 2018/3/18
  • 内田康夫 新刊情報は2017年以降更新されず、「孤道」が遺作となってしまった。 はコメントを受け付けていません。
アヴィーチー引退の理由と死因は同じ?膵炎から見るストレスなど、うつ病ではなかったのか??

内田康夫さんと言えば、浅見光彦シリーズの作者でサスペンスの王様と言われている作家です。

このたび敗血症で死去し、多くのファンから悲しみの声が挙がっています。

今回は内田康夫さんが2017年に最後に発表した新刊となった遺作「孤道」について書いてみたいと思います。


<スポンサーリンク>


内田康夫 休筆は死因の敗血症の前の大病が原因だった!

内田康夫 新刊情報は2017年以降更新されず、「孤道」が遺作となってしまった。

敗血症で死去したと、ニュースサイトでご覧になられたことでしょう。

敗血症とは悪性腫瘍や血液疾患、他にも糖尿病や肝臓や腎臓に疾患がある人に多いと言われている病気で、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染した箇所から血液中に病原体が入り込んでしまい、重篤な全身症状を引き起こす症候群のことを意味します。

癌などが有名なので敗血症はあまり聞かないかもしれませんが、世界には2700万人の患者がいると言われています。

そんな敗血症ですが、内田康夫さんが休筆する原因となったのは他の病気でした。

それは2015年に発症した脳梗塞です。

詳細は明かされていませんが、体の一部に障害が残ったのかもしれません。

私の知り合いにも脳梗塞経験者はいますが、最初は問題なかったものの、再発してから半身不随になってしまいました。

彼の場合は最初の発症の際に医師に止められてもタバコと酒を止めなかったという生活習慣が関係していたようですが、内田康夫さんの場合はどうだったのでしょうか??

それは考えても分かりませんが、いずれにせよ内田康夫さんの新刊情報が途絶えたのは、2015年の脳梗塞が原因だったのです。

そして内田康夫さんの新刊情報が更新されました。

しかし作品は未完・・・「孤道」という名前だったのです。
<スポンサーリンク>


内田康夫 新刊情報は多くのファンで更新された!

内田康夫 新刊情報は2017年以降更新されず、「孤道」が遺作となってしまった。

2015年の脳梗塞発症から休筆をしていた内田康夫さん。

未完のまま発売された新刊「孤道」の結末は多くの人に委ねられました。

内田康夫「孤道」完結プロジェクトと名付けられたプロジェクト・・・。

内田康夫先生が完成させられなかった大作をみんなで作ろう!というものだったのです。

敗血症で死去してしまった内田康夫さん。

天国で「孤道」の完成を見ているのではないでしょうか??

多くのサスペンス大作を書き上げた内田康夫先生の作品は、一生後世に語り継がれることでしょう。

内田康夫さんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

アーカイブ

こちらもチェック!

  1. 小林麻央 民間療法は近藤誠を信じ騙されると言われているが、どこか違うと思う!
    市川海老蔵さんが出演する『市川海老蔵に、ござりまする2018』の放送が決定し、多くの人が小林麻央さん…
  2. 小林麻耶 11月ハワイから12月のマウイ島へ!ホテルはモンタージュカパルアベイだった!
    小林麻耶さんと市川海老蔵さんが11月に入って、麗禾ちゃんと勸玄くんを連れてハワイ旅行に行っていること…
  3. 小林麻耶 数秘術のやり方解説!9を出した経緯を見て、実際に計算してみよう!
    小林麻耶さん・・・完全に騙されていました(笑) 小林麻耶さんも11月の市川海老蔵さんのハワイ旅…
ページ上部へ戻る